本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

各支部でじちろう共済学習会がスタートしました

2022-10-06
今年もじちろう共済の継続期間になりました。
本日の信州医療センターを皮切りに、各支部2回の開催を計画しています。
自治労共済の改定もあり、この機会に保険を見直してみましょう。
競合他社、ネット保険に比べて、断然良い保険になっています。
また、ライフプランに合わせた選び方も講師の皆様が熱心に教えてくれます。
物価高もあるため、自分や家族に適した保険を選択し自由に使える資金を増やすことも大切です。

本日は本部書記局から阿部書記長も応援に駆け付け、最近の組合活動についてのお話もしました。
できるだけ多くの組合員の参加をお待ちしています。



学習会の様子
自治労長野県支部より安土講師

自治労共済 継続募集事務担当者会議を開催しました。

2022-10-03
自治労共済 継続募集事務担当者会議を
安曇野市 三郷公民館で開催しました。

今年も、じちろう共済の継続手続きの時期がやってきました。
スムーズな手続きができるように、担当者と勉強会をします。

自治労共済 推進本部 長野県支部の小林事務局長、こくみん共済COOP 長野推進本部の高山さんを
講師としてお招きしました。

じちろう共済の抜本改定を受けて、今年度は加入者全員が継続書類の提出が必要です。
また、今までのZ型が総合共済基本型と名称が変更になり、今後は自動継続となります。

今後は、各支部で学習会を開催しますので是非、ご参加をお願いします。
わからないことは各支部共済担当者、もしくは本部書記局までお問い合わせください。




会議の様子

第116回 自治労長野県本部定期大会に参加しました

2022-09-23
第116回 自治労長野県本部定期大会が
松本市のホテル「ブエナビスタ」で開催されました。
WEBと対面の併用開催となりました。
当労組からは、有賀委員長代行をはじめ執行部7名が代議員として
対面出席しました。
 
西澤委員長、来賓の方々の挨拶の後、経過報告、議案の提案がありました。
 
阿部書記長から、県立病院の現状、定年延長についての課題、看護師処遇改善評価料交渉についての問題点、共済推進についての要望、政治活動についての総括と今後の要望について発言をしました。
 
経過報告、議案について全て承認されました。
大会後、杉尾ひでや参議院議員と阿部書記長が懇談を行い、県立病院の実情についてお話しました。
 
今後も長野県本部と共闘し、組合活動を盛り上げていこうと思います。
共にがんばりましょう。
挨拶される西澤委員長
挨拶される 自治労中央本部 藤森副委員長
挨拶される 杉尾ひでや参議院議員
発言する阿部書記長
西澤委員長と当労組代議員

看護職員処遇改善評価料事前協議交渉

2022-09-22
看護職員処遇改善評価料の事前協議交渉の第1波を
長野市、県庁横の議員会館1階で行いました。

本日は執行部役員8名で臨みました。

午前中に、執行部役員で会議を行い
当局から事前協議の詳細文章が提出されました。
午後から交渉に臨みました。

交渉では、全組合員の処遇を改善できるように訴えました。
国の制度設計が悪く、組合員同士の軋轢も生まれやすい制度であり
多くの組合員の声を聞きたいところです。
現在、支部では職場討議をしていると思いますが、興味をもっていただきたいと思います。

本日の結果については、支部役員を通してお知らせします。
また、組合員専用ページにも掲載したいと思います。

次回第2波は、支部役員も招集し10月7日に行う予定です。
挨拶する有賀委員長代行
当局より関澤人事課長の挨拶
阿部書記長
荻野副委員長
山崎中執
塚田賃金部長
滝澤書記次長

衛生医療評議会・第1回レベルアップ講座に参加しました。

2022-09-17
衛生医療評議会、2022年第1回レベルアップ講座に参加しました。
ZOOM使用のWEBで開催されました。
支部からも担当者が参加されました。

今回は、自治労法律相談所 上田 貴子 弁護士 先生より
「労働基準法および労働安全衛生法について」の講演がありました。

その後、ブレイクアウトルームに分かれて、講演についてのグループワークを行いました。

新型コロナが蔓延し、長時間労働が増えました。
労働基準法第33条について 今回の新型コロナ蔓延にて聞くようになった法律です。
「災害やその他避けることができない事由、臨時の必要がある場合」
これが拡大解釈されないことが大事だと思いました。
現在は上記の理由にならない状況であり、長時間労働の正当な理由にはなりません。
法律を知ることの重要性を学びました。

ブレイクアウトルームでは、始業前残業の話題があがりました。
どの施設でも同じような状況であり、どうしていくことがよいのか話し合いました。
医療業界は始業前残業が黙認されている部分も多くあり、実態を公にしていくことも大事だと感じました。

学びの多い講座になりました。    
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
2
1
1
2
0
TOPへ戻る