本文へ移動
生き活きと働ける環境で
仕事もプライベートも充実。 
 
 
地域医療を守り
県立病院の使命と役割を果たします。

マスコットキャラクター「ローくん、ソーくん兄弟」

トップページ

新着情報とお知らせ

「鬼木まこと」自治労組織内候補者が来局されました

左から湯本県職労委員長、鬼木まことさん、比田井委員長、塚田書記長、小川県本部書記長
2021.9.10 本日、第3回中央執行委員会をWebで開催しました。その際、来夏に行われる参議院議員選挙自治労組織内候補者である「鬼木まこと」さん(立憲民主党)が本部書記局に来局され、立候補にあたっての決意を熱く述べられました。
当労組は「鬼木まこと」さんを組織として推薦しており、私たち労働者の代表として国会に送り出せるよう全力で支援していくことを確認しています。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

豪雨で被災された組合員の皆様へ【じちろう共済手続き】

じちろう共済・住まいる共済等に加入されている組合員の皆様へ

住宅災害連絡受付票

(2021-08-17 ・ 75KB)

床上浸水の共済の定義

床上浸水等の定義

(2021-08-17 ・ 262KB)

豪雨における被害で床上浸水等の定義を分かりやすくいたしました。参考にしてください。

豪雨による災害見舞金について【地共済・互助会】

地共済 災害見舞金について

地共済では、被災された方を対象に見舞金制度があります。請求方法は、各病院の総務課へお問い合わせください。

長野県職員互助会 災害見舞金について

長野県職員互助会では被災された方を対象に見舞金制度があります。請求方法は、各病院の総務課にお問い合わせください。

長野県労組会議から「激励金」をいただきました

㊧松澤議長と㊨比田井委員長
2021.6.7 本日、長野県平和・人権・環境労働組合会議(県労組会議)松澤佳子議長から、コロナ禍の最前線で奮闘している医療従事者の組合員に対し「激励金」をいただきました。松澤議長は「なかなか終息の兆しが見えない中で奮闘されている皆さんの支援になれば」と激励の言葉をかけていただきました。比田井委員長は「組合員の励みになります」と感謝を述べました。
立場や職種は違いますが、働く者の連帯によって支えられていることに敬愛と感謝をするとともに、私たちは、組合員が与えられた役割と責任を全うできるよう労働環境を整えていかなければなりません。その取り組みにより一層強めていくことを誓い、カンパに賛同していただきました多くの組合員の皆さまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

組織内国会議員から「自治労組合員の皆さんへ」メッセージ

長野県立病院機構労働組合とは

私たちの労働組合は「長野県立病院機構労働組合」といいます。略称は、県病院労組(けんびょういんろうそ)です。2010(平成22)に5つの県立病院と2つの介護老人保健施設が長野県直営から地方独立行政法人への移行しました。これに伴い労働組合も長野県職員労働組合(略:県職労)から新たに県病院労組を結成し、以来、組合員の権利と生活を守るための活動を行っています。支部は、信州医療センター支部、こども病院支部、木曽病院支部、駒ヶ根支部、阿南病院支部の5つがあります。木曽病院支部と阿南病院支部には介護老人保健施設を含みます。信州木曽看護専門学校は木曽病院支部に含まれ、地域総合支援センターと訪問看護ステーションさくらは阿南病院支部に含まれます。

組合員として加入しているのは、長野県立病院機構に勤務する全労働者(正規職員・有期雇用職員・派遣職員等)です。

 

スマートフォン版

  スマートフォン版はこちらから
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
1
1
6
5
6
TOPへ戻る