本文へ移動
生き活きと働ける環境で
仕事もプライベートも充実。 
 
 
組合員の雇用と生活を守ります。
地域医療を守り
県立病院の使命と役割を果たします。

トップページ

新着情報とお知らせ

台風19号に対する特別災害カンパ金を支給へ

比田井委員長㊨よりお見舞金を受け取る成田支部長㊧
2020.2.28  台風19号で被災された組合員に対し、当労組は「特別災害カンパ」を呼びかけました。皆さんのご協力により約34万円が集まりました。この他、自治労長野県本部様、県労組会議(長野県平和・人権環境労働組合会議)様からお見舞金を頂戴いたしました。当労組で被災者を調査した結果、信州医療センター支部の6名が該当しました。
そのため、これまでに集まったカンパ金、お見舞金を比田井執行委員長から成田支部長(信州医療センター支部:写真左)にお渡しいたしました。今後、個別に被災された組合員の方へ支給されていきます。
皆様のご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。一日も早い生活復興をお祈りいたします。

台風19号で被災された組合員の皆様へ【共済手続き】

台風19号で被災され全労済自治労共済に加入されている組合員の皆様へ

被災直後から住宅や車両に関しての詐欺や空き巣に注意!!

床上浸水の共済の定義

床上浸水等の定義

(2019-11-06 ・ 262KB)

台風19号における被害で床上浸水等の定義を分かりやすくいたしました。参考にしてください。

地共済 災害見舞金について

地共済では、被災された方を対象に見舞金制度があります。請求方法は、各病院の総務課へお問い合わせください。

長野県職員互助会 災害見舞金について

長野県職員互助会では被災された方を対象に見舞金制度があります。請求方法は、各病院の総務課にお問い合わせください。

長野県立病院機構労働組合とは

私たちの労働組合は「長野県立病院機構労働組合」といいます。略称は、県病院労組(けんびょういんろうそ)です。2010(平成22)に5つの県立病院と2つの介護老人保健施設が長野県直営から地方独立行政法人への移行しました。これに伴い労働組合も長野県職員労働組合(略:県職労)から新たに県病院労組を結成し、以来、組合員の権利と生活を守るための活動を行っています。支部は、信州医療センター支部、こども病院支部、木曽病院支部、駒ヶ根支部、阿南病院支部の5つがあります。木曽病院支部と阿南病院支部には介護老人保健施設を含みます。信州木曽看護専門学校は木曽病院支部に含まれ、地域総合支援センターと訪問看護ステーションさくらは阿南病院支部に含まれます。

組合員として加入しているのは、長野県立病院機構に勤務する全労働者(正規職員・有期雇用職員・派遣職員等)です。

 

スマートフォン版

  スマートフォン版はこちらから
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
0
5
5
4
6
TOPへ戻る