本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自治労長野県本部第114回定期大会

2020-09-18
大会の様子
2020.9.18 本日、第114回県本部定期大会がホテルブエナビスタ(松本市)で開催されました。今大会は新型コロナウイルス感染症の影響により、規模の縮小と大会日程の短縮など感染対策に配慮された上での開催となりました。そのため当労組からは通常7人の代議員が出席するところ、参集代議員は2人に減らしての参加となりました。
大会議長に佐藤代議員(小諸市職労)と当労組委員長の比田井代議員が選出され、その任にあたりました。
西澤委員長の挨拶では、「確定闘争については、人事院勧告の勧告日が未定であり、スケジュールなど現段階において推測の域を出ない。単組ではあらゆるスケジュールを想定し準備していただきたい。」と人事院及び人事委員会勧告を含む確定闘争に関して県本部の考えを示しました。
役員選挙では、衛生医療評議会選出の中央執行委員に佐々木さん(飯田市職労)が立候補し無投票で当選しました。8年間、衛生医療評議会事務局長としてご奮闘された斉藤中央執行委員(松本市立病院労)が退任されました。
県本部より提起された報告及び議案は全代議員の賛成で可決承認されました。最後に今後の厳しい闘いや予想される難局を乗り越えていくため、県本部に結集する仲間が一致団結することを西澤委員長の団結ガンバロウ!で確認しました。
当労組を代表して2人が参加
佐々木新事務局長(衛生医療評議会)イケメンですよ

新規組合員講座②

2020-09-18
NEW
講座の様子
2020.9.18 第2回目の新規組合員講座を松本市中央公民館Mウィングで開きました。各支部より16名が受講しました。
受講生のアンケートから、「労働組合の役割を知ることが出来た」「給料から何で毎月こんなにたくさん引かれているのかと思っていましたが、講義を聞いて理解できました」「サービス残業は自己責任であり、事故などが起こった場合、責任追及がされる可能性があると聞いて怖いと感じた」など、多くの感想がありました。
受講生と講師

第3回四役会議・中央執行委員会を開きました。

2020-09-15
小林事務局長から説明を受ける中執
2020.9.15 本日、堀金公民館(安曇野市)で第3回四役会議・中央執行委員会を開きました。独自要求書の要求項目の検討や第20回支部代表者会議の内容についてなど議論しました。
会議の中で、2023年を目途とした自治労団体生命共済の抜本改正について、小林事務局長(こくみん共済COOP<全労済>自治労共済推進本部長野県支部)から説明をしていただきました。今回は若年層の加入促進のための大きな抜本改正が予定されています。掛金変更もあることから当労組として精査し意見反映を求めていきたいと思います。

新規組合員講座①

2020-09-09
講義の様子
2020.9.9 本日、松本市勤労者福祉センター(松本市)で新規組合員講座を開きました。各支部から14名が参加しました。
本来であれば5月~6月に県職労の新規組合員の皆さんと合同で開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていました。やっと開くことが出来ましたが、第2波の影響もあり、当労組単独で団結会や宿泊を行わず、日帰りでの開催となりました。講義ばかりの講座となりましたが、参加者の皆さんは居眠りをすることなく真剣なまなざしで受講していただきました。
新型コロナウイルスが終息した際には、改めて支部を超えて組合員同士が交流できる機会を検討していきたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
真剣なまなざしの受講生
受講生全員で記念撮影

2020年度支部長書記長会議を開きました。

2020-09-04
会議の様子
2020.9.4 本日、安曇野市で「2020年度支部長書記長会議」を開きました。各支部から10名、本部から4名が参加しました。この会議は、2020年度独自要求書の項目について、ひと項目ずつ精査することが目的です。各支部の要求や実態を報告してもらい、要求内容を絞り込んでいく作業を行いました。支部役員から、状況や実態や組合員からの声を聞く中で、それをどのような要求にするべきか様々な意見が出されました。また、先日集約した労働条件改善アンケート結果も参考にさせていただきました。
この会議の議論を踏まえ、本部の要求書を整理し、第20回支部代表者会議で決定していきます。
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
0
9
9
2
6
TOPへ戻る