本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020独自要求回答交渉を実施しました。

2020-11-24
NEW
署名の手交 ㊧比田井委員長㊨蔵之内事務局長
2020.11.24 本日、独自要求回答交渉を長野県議会議員会館(長野市)で実施しました。事前に四役会議と第2回支部長会議を開き、交渉に臨む考え方を意思統一した上で交渉に臨みました。今交渉は新型コロナウイルス感染症が拡大する状況下であり、開催場所である長野市はレベル4という特別警戒地域であるため、最小限の人数(10名)で交渉団を構成しました。
交渉の冒頭、比田井委員長が全支部で取り組んだ「手術室看護師に特殊勤務手当を支給するように求める署名」を当局へ手渡し、改善を強く求めました。
5時間にわたる交渉の末、前進回答を引き出すことが出来ました。そのため通勤手当に関する事前協議を含め妥結することとしました。これで2020独自要求闘争は終結いたしました。
今回の前進回答は、みんなで取り組みをした署名が大きな力となりました。
この間、署名活動にご協力していただきました方々に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
 
※追加回答は組合員専用ページに掲載していますのでご確認ください。また、びょういん労組ニュースNo209を参照してください。
交渉団
挨拶する島田副理事長と当局

県本部第1回拡大闘争委員会に参加しました。

2020-11-19
2020.11.19 県本部は穂高公民館(安曇野市)で第1回拡大闘争委員会を開催しました。当労組から比田井委員長が参加しました。西澤忠司委員長は冒頭のあいさつで、松本市立病院の独法化や池田町の賃金削減の動きに触れた一方で、大町市立病院労組では独自の賃金削減期間中であることから、勧告による一時金マイナス0.05月を導入させなかった取り組みを紹介し、「労働組合としてきちんと要求し交渉した結果である」と述べました。委員会では、2020秋季確定闘争の交渉指針について提起され、承認されました。
引き続き、地区別の分散会が開かれ情報交換等を行いました。感染拡大に伴い会場の収容人数が制限されたことから、東北信ブロックの会場は確保することが出来ず、急遽ロビーでの開催となりました。
挨拶をする西澤忠司委員長
ロビーでの分散会

第5回四役会議及び第6回中央執行委員会を開きました。

2020-11-17
会議の様子
2020.11.17 堀金公民館(安曇野市)で第5回四役会議及び第6回中央執行委員会を開きました。会議では24日に迫った回答交渉へ臨む考え方を中心に議論しました。また、新型コロナウイルス感染者が増加していることから、今後の会議や交渉への参加について対応を検討しました。
各部局は年度末までの活動計画と具体的な行動を検討しました。

長野地区協役員さんらと懇談

2020-11-05
懇談の様子 ㊧鈴木中執、左上:瀬戸書記、右上:芝田事務局長、㊨比田井委員長
2020.11.5 長野地区協から芝田事務局長、瀬戸書記、県本部から鈴木中央執行委員が、本部書記局に来局されました。新型コロナウイルス感染症の影響で従前の地区協活動が出来ないことから、今後の活動等について意見交換をしました。その中では地区協内のつながりを強めるためにも、ネットアプリやLINEなどのツールを活用し、情報交換ができるような仕組みづくりの検討などが意見として出されました。
活動が難しい状況の中、工夫しながら活動を進めていこうとする地区協役員さんらの姿勢に深く敬服いたします。
※長野地区協とは…自治労長野県本部に加盟し長野市に拠点がある単組(労働組合)の集まりで現在24単組で組織しています。正式名称は、自治労長野地区協議会。

2020年度独自要求提出交渉

2020-10-28
要求書を手交 比田井委員長㊧ 田中課長㊨
2020.10.28 当労組は長野県議員会館(長野市)で「2020年度独自要求提出交渉」を実施しました。交渉団は14名、機構側は田中人事課長ら8名が参加しました。
比田井委員長が田中人事課長に要求書を手交し、交渉がスタートしました。各支部より職場実態を訴え改善を求めました。特に手術室看護師の処遇改善を重点課題として強く訴えました。
回答指定日は11月12日とし、その後回答交渉を24日に予定しています。
なお、手術室看護師の処遇改善について、緊急署名を取り組みます。ご理解とご協力をお願いいたします。
 
交渉の様子 交渉団前列はフェイスガードをつけて交渉
緊急署名
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
0
6
1
0
1
TOPへ戻る