本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自治労長野県本部衛生医療評議会:第1回病院部会

2020-10-09
会議の様子
2020.10.9 県本部衛生医療評議会は第1回病院部会を塩尻総合文化センター(塩尻市)で開催しました。県内の部会員20人(うち当労組5名)が参加しました。
渡辺新議長、佐々木新事務局長の新体制で初めての部会となりました。部会では年間計画や各単組の情報共有などを行いました。どの単組もコロナ禍での組合活動に苦慮されているとのことでした。また、医療従事者慰労金についてや松本市立病院の独法化問題なども報告されました。
 

2020各種会計中間監査

2020-10-08
監査の様子
2020.10.8 当労組の各種会計中間監査を木曽病院で行いました。比田井委員長、平塚書記次長、山浦書記と竹内監事の4名で行いました。各証拠書類、通帳、関係書類など監査していただきました。前期は新型コロナウイルスの影響により組合活動が十分できなかったことから、執行率が低い状況となっていることなどを報告しました。監事からは、「将来を見据えて運動の在り方を再検討する必要があるのではないか。」とのご意見をいただきました。
大切な組合費です。引き続き効率的かつ効果的な運用に努めてまいります。

自治労第94回臨時大会

2020-10-07
サテライト会場の様子
2020.10.7 
自治労本部の第93回定期大会が、新型コロナウィルス感染拡大の影響で書面提案となったことから、10月7日第94回臨時大会が開催されました。メイン会場は千葉県の幕張メッセですが、感染拡大防止の観点から、メイン会場に参集する代議員は各県本部からの代表代議員2名のみで、それ以外の代議員はそれぞれの県でサテライト会場を設置し参集され、ハイブリッド形式の大会となりました。また投票行為は電子投票を用いるといった、初めての取り組みとなりました。
安曇野市豊科公民館がサテライト会場となり16名の代議員が集まりました。県病院労組からは塚田書記長が代議員としてサテライト会場で大会に参加しました。
大会は第1号議案『この間の機関手続き等に関する経過について(案)』、第2号議案『規約・規程等の一部改正について(案)』、第3号議案『当面の闘争方針(補強案)』の3つが提案され、すべて可決承認をされました。
今後、人事院からは月例給等の勧告、それを踏まえ人事委員会からの勧告が待ち構えています。全組合員と団結し、確定期の取り組みを進めていきたいと思います。ご協力の程よろしくお願いいたします。
自治労本部河本委員長
電子投票画面

全労済自治労共済事務担当者会議

2020-10-07
会議の様子
2020.10.7 例年、10~11月にかけて全労済自治労共済継続募集が始まります。これに先駆け共済担当者を対象に担当者会議を開きました。
こくみん共済COOP(全労済)自治労共済推進本部長野県支部から小林事務局長とこくみん共済COOP(全労済)長野推進本部から林さんをお招きし、各共済について説明をしていただきました。その後、山浦書記から継続募集のスケジュールや注意点などの説明がありました。
継続募集は確実な事務取り扱いが必要となります。本部と支部共済担当者が連携しながら行っていくことを確認しました。
 
組合員の皆さんは、今月中にパンフレットなどは手元に届きます。加入している方は見直しの検討を、まだ加入していない方は加入の検討をお願いいたします。
小林事務局長
林さん(こくみん共済COOP(全労済))
山浦書記

新規組合員講座③

2020-09-25
講座の様子
2020.9.25 3回目の新規組合員講座をホテルモンターニュ(松本市)で開きました。全3回の中で一番受講生(28名)が多いため、ホテルの中で一番大きな会場で実施しました。
第2講座「賃金について」を初めて荻原賃金部長が講師を務めました。
アンケートの中では、「先輩から宿泊で交流会やスポーツ大会があると聞いていただけに日帰り開催は残念。同期で集まって交流できる機会をぜひ作ってほしい。」との意見がありました。
例年の新規組合員講座は支部を超えての仲間づくりという目的もありました。新型コロナウイルスの影響により交流会などは開催できませんが、工夫をする中で仲間づくりができる場の設置を検討していきたいと思います。
第2講座 荻原賃金部長
参加者と役員
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
0
9
9
2
6
TOPへ戻る