本文へ移動

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

県本部衛生医療評議会第3回病院部会

2021-04-30
2021.4.30 自治労長野県本部衛生医療評議会第3回病院部会が塩尻市総合文化センター(塩尻市)で開かれました。県内の公立病院11単組のうち、7単組が参加し当労組からは2名が会場、2名がリモートの計4名が参加しました。会議冒頭、先決確認事項として議長交代について事務局より提案され承認されました。新たに当労組の市川評議員(こども病院支部)が議長となりました。
会議では新型コロナウイルス感染症の対応のほか、各単組が抱えている課題などについて共有化を図りました。
また、毎年6月に開催している全体の学習会が開催できないため、これに代わる部会内でのプチ学習会を開きました。第1回は細野局長(県本部労働運動局)が講師となり「労働法について」学びました。
市川新議長
会議の様子

内部監査

2021-04-28
監査の様子
2021.4.28 本日、県庁内で2020年度各種決算の内部監査を実施しました。竹内監事、荻野監事と比田井委員長、滝澤書記次長、山浦書記が出席しました。各通帳、証拠書など確認していただきました。この結果は定期大会で報告いたします。

第11回四役会議・中央執行委員会

2021-04-20
会議の様子
2021.4.20 本日、第11回四役会議と中央執行委員会を開きました。会場に都合により四役会議は堀金公民館で、中執会議は三郷公民館での開催となりました。
会議では5月下旬から開催予定の新規組合員講座について、6月25日開催予定の第13回定期大会の内容等について議論しました。新型コロナが感染拡大した場合の開催判断についても議論し、開催日の2週間前に延期の判断をすることを決定しました。
この他、来期の役員体制などについて議論し、専従役員の選出を含め早い段階で選出できるよう対応していくことを確認しました。

2021年度春闘要求交渉

2021-04-13
要求書を手交 比田井委員長㊨と田中人事課長㊧
2021.4.13 本日、機構本部理事長室(県庁内)で「2021年度春闘要求交渉」を実施しました。交渉冒頭、4月から新たに日向事務局長、瀬戸事務局次長が着任したことに伴い、比田井委員長が「これまで築き上げてきた労使の信頼関係をより一層強固なものとすることをお願いする。」と着任交渉を行いました。その後の春闘交渉では、賃金関係や新型コロナ対応など6項目を要求しました。この春闘は新年度となり労使慣行や労使間ルールの確認をするとともに現段階での課題を共通認識とすることで、10月に行う独自要求交渉を前進させていく第1次交渉と捉えています。これを皮切りに2021年度の交渉がスタートしました。
なお、文書回答は4月27日を予定しています。
※要求内容は「組合員専用ページ」で確認してください。

2021年度新規採用職員任用式

2021-04-01
任用式の様子
2021.4.1 本日、2021年度新規採用職員の任用式に先立ち比田井委員長が労働組合を代表して歓迎の挨拶をしました。任用式に参加した新規採用職員は75名(実際の新規採用者は91名)。
今後、各支部で組合説明会を開催し、全員が組合加入してもらえるよう取り組みを進めます。
長野県立病院機構労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2
TEL.026-217-0811
FAX.026-217-0812
0
0
9
2
9
7
TOPへ戻る